ご家族のライフプランに合っていますか?

家族のために入る保険を決めるには?

家族のために入る保険とは、一家の大黒柱(以降、一家の大黒柱・主な収入を得ている方を「夫」とします。妻が一家の大黒柱となっている場合は、夫を妻と置き換えて考えてください)に万が一の事が起こった際に、遺された家族の生活費やお子様がいればその教育費をまかなうために入る死亡保険のことをいいます。
ただし、社会保障(遺族年金など)、企業保障(サラリーマンの場合、死亡退職金・弔慰金など)、資産(預貯金、有価証券、売却可能資産) 、生命保険(夫を保険の対象として既に加入している保障額)、遺族の勤労収入 など、夫の死後に見込める収入があれば、それらを差し引いて必要な保証金額を算出します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA