保険に未加入の場合のライフプラン

加入する保険のポイント

独身の方向けの保険

今後、あなた自身が困ることは何か?を見つけることが、生命保険保障を見直しするポイントです。
独身の方が亡くなった場合、
・遺族に対する死亡保障の必要性は?→あまりない(低い)
・今後、あなた自身が困ることは何ですか? → 自分が入院したとき
・必ず必要になる保障内容とは何でしょう? → 入院保障と自身の葬儀代そして老後の生活資金

独身の方にお薦めの生命保険保障とは

終身保険

貯蓄も兼ねており老後資金等に役立てることもできます。
一生涯の保障ですので自身の葬儀代の確保ができます。

医療保険

生涯の保障で1泊2日から給付金を受け取れる内容がいいでしょう。
又、更新型ではなく、値上がりなしのタイプをお勧めいたします。
※いずれも一生涯を保障する商品は若年の内にご契約されると良いです。保険料が一生変わらない為、安い保険料で続けられます。

新婚夫婦向けの保険

共働きの場合には
共働きで収入が多いため、高額の死亡保障の必要性は低いと考えられます。
収入に応じて保障重視、医療重視のバランスを考えましょう。
ご夫婦共に医療保険は終身保障を確保しましょう。
病気やケガによる入院時の保障を準備しておきましょう。

奥様が専業主婦の場合には
ご主人の保険は死亡保障重視、特に生活費をカバーする保険が必要です。
奥様の保険は医療保険重視で考えましょう。
今後の生活設計の基盤となる保障を確保しましょう

終身保険

貯蓄性も兼ね備えており老後資金等に役立てることもできます。
一生涯の保障ですので自身の葬儀代に加え、緊急予備資金の確保もできます。

月々の生活費をカバーする保障が必要です

家計保障保険(掛捨て型定期保険)

万一の場合の生活費を確保できます。月々の出費と遺族年金などを絡めて月々の保険金額を算出します。

家族向けの保険

万一の時の葬儀代は?生活費は?そしてお子様の教育資金は、確保されていますか?
子供が独立するまでの期間は、親の死亡保障を確保する必要があります。
子供の教育費がどれくらいかかるのか把握し、教育資金は確保する必要があります。
急な病気やケガでの入院に対する備えをしましょう。

ファミリーにお薦めの生命保険保障とは

終身保険   → 葬儀代、墓代、緊急予備資金確保。(一生涯保障されます)
家族収入保険 → 生活費の確保。(残された家族が生活できるように)
逓減定期保険 → 教育資金保障。(万一の時にも教育が受けられるように)
医療保険   → 入院費用。(不測の病気、ケガによる入院・手術費用)
学資保険   → 子供の教育のための保険。(高校・大学の入学費、授業料)

シニア向けの保険

入院保障は充分ですか?保障期間は、途中で切れませんか?見直しポイントはたくさんあります。
入院保障が充分確保されているかどうかチェックしましょう。
保障期間は、途中で切れることはないでしょうか。
65歳又は70歳以降、一括払い、年払いをするタイプが大半です。
入院給付金額は足りていますか?
最低限の死亡保障は確保されているでしょうか(葬儀代)。
三大疾病の対策は、万全ですか?

シニアの方にお薦めの生命保険保障とは

医療保険 → 病気・ケガによる入院・手術の為の保障(終身保障がいいでしょう)
終身保険 → 葬儀代・緊急予備資金確保(一生涯保障されます)
介護保険 → 家族への経済的負担を軽減できます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA