若者が望む生命保険・医療保険とは?

生命保険の日本人の加入率は9割を超えていますが、若者世代の加入率はそれほど高くはありません。生命保険会社も営業職員もいかに若者層の加入を増やしていくか頭を悩ませています。
若者層の非正社員の増加や収入の伸び悩みが大きな起因だと思います。
しかし、そうは言っても家庭を持てば家族に対しての保障や、自分自身の将来や医療に対する不安などから生命保険の加入を検討するのでないでしょうか。

「生命保険に関するアンケート」の結果を見ると、20代の保険加入者の実に5人に1人が「インターネット」で申し込んでいます。

小学生でもインターネットを利用する時代です。
若い世代は気軽にインターネットを活用していますよね。
生命保険加入も若者にとってはネットショップの利用の感覚なのかもしれませんね。
生命保険各社もインターネットから生命保険のきっかけを作れるようメルマガやWEBサイトなどにも力を注いでいるように感じます。

また、20代が検討している生命保険の種類は「医療保険」「がん保険」「個人年金保険」の順に多いと言うのも頷けます。
TVやインターネットなどで「医療保険」「がん保険」のCMが大量に流れていますし、やはり自分自身が受け取れると言うのが身近に感じられるのではないでしょうか。
例えば妊娠を予定している世代などを対象にした妊婦向け医療保険なども登場していて、このような医療保険は対象をしっかり絞れているなぁと感じることができます。
妊婦さん専用の「妊娠中も入れる医療保険」

また生命保険のイメージとして、死亡保険が先ず思い浮かべられて「自分では貰えない」と言うのがあるかもしれません。確かに以前は「生命保険=死亡保障」の商品が主流でしたが、今は入院や手術、老後などの自分自身が生きていく上でのリスクに備える商品が認知され、多くの人に受け入れられています。
これは、医療の発達や保険制度や年金制度の変化が大きく影響しているのではないでしょうか。
今後、この傾向は益々強くなるように感じます。

若者は保険もネットから!「生命保険に関するアンケート」
20代保険加入者の5人に1人が「インターネット」で申し込み

~20代が検討中の保険1位は「医療保険」、2位「がん保険」、3位「個人年金保険」~

 株式会社ジャストシステムは、セルフ型アンケートサービス「Fastask(ファストアスク)」を利用し、20~50代の男女576名に対し、『生命保険に関するアンケート』を実施しました。

 集計データをまとめた全46ページの調査結果レポートを、「Fastask」実例レポートページ(https://www.fast-ask.com/report/ )から、無料でダウンロード提供します。

【調査結果の概要】

■20代保険加入者の5人に1人が「インターネット」で申し込み

 生命保険の加入率は、20代が35.8%、30代が62.7%、40代が78.1%、50代が77.1%でしたが、若年層では既婚/未婚によって加入率が大きく異なることがわかりました。20代では未婚者の加入率は31.9%でしたが、既婚者になると57.1%でした。30代では未婚者の加入率が47.8%に対し、既婚者は77.6%でした。

 また、いずれの世代でも「保険会社の営業職員と対面」が生命保険の申し込みにおいて、最も多い方法でしたが(55.0%)、20代と30代は生命保険の申し込みにもインターネットを活用する傾向にあり、20代は16.7%、30代は9.5%が「インターネット」から申し込んでいました。

■20代が検討中の保険1位は「医療保険」、2位「がん保険」、3位「個人年金保険」

 「生命保険に加入予定だが、まだ契約していない」と回答した人は全体の7.7%でしたが、その内訳は、20代が57.1%、30代が21.4%、40代が11.9%、50代が9.5%で、20代が過半数を占めました。

 なお、20代の加入予定者が検討している保険のトップは「医療保険」(75.0%)、続いて「がん保険」(41.7%)、「個人年金保険」(33.3%)でした。傷病時や老後に備えたいと考える人が多いようです。※1。

■加入中の生命保険を知ったのは、20代が「テレビCM」、40~50代が「会社に来た保険営業」

 現在、契約している生命保険を認知したのは、20代が「テレビCM」(19.2%)、
30代は「家族や親類のすすめ」(27.7%)、40代と50代は「会社に来た保険営業」
(40代:17.3%、50代:20.8%)が最も多い結果となりました。

 20代は「生命保険会社のホームページ・アプリ」と回答した割合が11.1%と、他の世代に比べて高く(30代4.3%、40代0.4%、50代0.7%)、「インターネット上のニュース・記事・口コミ」についても10.1%と高い傾向にありました(30代4.3%、40代4.0%、50代3.1%)。20代にとっては、保険についてもテレビやインターネットが認知や情報収集のメディアとして機能しているようです。

■20代加入者の満足度は全世代で最も高く、6割超え

 契約した保険に「満足している」と回答した割合は、20代が60.4%、30代が54.8%、40代が56.1%、50代が53.7%と、20代の満足度が最も高いことがわかりました
※2。

 20代が満足している理由は、「営業担当が親身になってくれるから」(34.5%)がもっとも高く、続いて「月額の保険料と、保障のバランスがいいから」「保険プランがわかりやすいから」(ともに、31.0%)でした。20代は情報収集や申し込みにインターネットを活用する傾向にあっても、営業担当の対応姿勢いかんが契約の後押しとなる要素になりそうです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA