明治安田生命、定年を65歳に引きあげ。

明治安田生命保険が大手生保で初めて定年を65歳に延長する方針を固めました。
生命保険会社各社の定年は60歳で、それ以降も希望すれば嘱託として勤務できるのが実情です。
知人の会社では、事務職の社員でも定年後の再雇用では営業職に配置転換されるそうで、女性が事務職から慣れない営業職への変更では決して働きやすい環境とは言えないと思います。
元々営業職の人がそのまま営業を続けるのとではわけが違うと思うのです。
しかも、嘱託社員となれば、給与水準も正社員時代からは大きく下がるのが実情です。
今回の明治安田生命保険の定年延長は、年金支給開始が引き上げられたことによる定年退職後の生活の経済的不安が和らげられるため歓迎されると思います。
仕事の内容自体が60歳以降に変わるかどうかは確かではありませんが、1年毎の嘱託社員での更新に比べれば、60歳まで従事していた仕事内容を続けやすくなる可能性は高いのではないでしょうか。
同じ仕事を続けるメリットは、会社にとってもベテランで業務に精通しているため能力を発揮してもらえることを考えれば大きいと思いますし、従業員にとっても新しい仕事への不安を感じることなく経験を活かすことができると思います。

年金受給開始まで安定した仕事で安定した収入を得られることは、つなぎ年金などを考えなくても済む上、例え5年間とは言え、定年退職後の生活のための貯えを増やすチャンスも生まれると思います。
今後、定年年齢を引き上げる会社が増えていくことが望まれますし、実際に増えていくのではないかと思います。

~~~~◇◆◇◆~~~~◇◆◇◆~~~~◇◆◇◆~~~~◇◆◇◆~~~~

明治安田生命保険、定年65歳に 正社員の身分変わらず

 明治安田生命保険は、定年を60歳から65歳に引き上げる方針を固めた。ベ
テラン社員の能力を活用するのが狙い。今後、労働組合と協議して2019年4
月の導入を目指す。大手生保で定年を65歳まで延長するのは初めて。

 現在の制度では60歳でいったん退職したあと、給与は大幅に下がるものの希望すれば1年契約の嘱託社員として65歳まで働ける。新たな制度では正社員の身分は変わらず、給与水準もできるだけ維持する方針。希望すれば65歳より前に定年退職することもできる。総合職と一般職の計約9千人が対象で、約3万人いる営業職員はすでに定年を65歳に延長している。

 年金の支給開始年齢が引き上げられるのに伴って法律が改正され、企業は13年4月から、希望する人を65歳まで雇うことが義務づけられたことに伴う措置。
いったん退職して再雇用するかたちが一般的だが、ホンダや大和ハウス工業など、定年を65歳まで引き上げる動きが相次いでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA